仕掛け
「変狸庵の海釣り」を自身で見ていて随分仕掛けや釣り方が変わって来たなーと思っています。
2006年。もうこんなにおダンゴを投げてきたんだなあーって、
只今変狸庵が普通に釣り始める仕掛けをご紹介いたしましょう。
 先ず
@釣り竿

BB−Xの外ガイド1号の磯竿です。先っぽのガイドは壊れましたので取り替えました。
樹脂製の移動ガイドは強く固定しようとすると、パキッてわっかが割れちゃうんですね。

 磯竿の外通しの1号で4.8m。 オークションで少しお安く手に入れた竿です。
磯場とか高い堤防 また 風向きによっては長い竿とかインナーロッドも使うのですが、 軽くって使いやすいですので使用頻度はかなり高いです。
逆にこれより短い竿も持っているのですが、殆ど出番が無かったりもします。
只今、釣趣を生かす軟調竿の購入を考えていたりして

Aリール


リールって時々同じ名前なのに形が変わるんですね。
せめてスプール位古い形のものが使えるようにして欲しいなあー・・・

 当初使っていたリールから余り変わっていません。
シマノ・バイオマスター2500なんですが、同じモノを複数使って更に予備のスプールも手に入れました。
レバーは持っているのですが、あまり大物に出会わないという事と、とある訳があって使っていません。
釣っている時にボケーっとしたいって時も有りますので・・・

B道糸


準備中

 予備のスプールを買ったって言う事は釣り場によって太さを変えてみたりしています。
出かける場所によってそんなに大して釣れるお魚の大きさが変わるわけでもないのですが、 やっぱり出かけるまでは、あそこはデカイのが居るんじゃないかなあーって、 楽しみを道糸の太さで現したりして・・・
結局はその時掴んだリールをあれこれ考えずに使っていたりするのですが・・・
沈む糸と浮く糸の使い分けは、まだはっきりこれと言った使い分けが出来ていないのが現状です。
道糸の潮流による「フケ」って決して海面上だけではないように思いますし、ライン操作には限界があるような・・・
やっぱり自然相手の釣。その辺を楽しめればいいのですが、釣行頻度の少ない変狸庵、やっぱりもっと真剣に 考えないといけないのかなあー・・・
ウキ機能と連動した沈む糸を使っておられる釣り師の方も知っていますし、釣り場って場合によって狭くなる時も有りますので その辺も考えたりして決めるのかなあー・・・
 

Cウキ止


3ヶ所のうち1ヶ所は無理に長くして目立つように・・・

 これはとある釣り師の方に実際見せていただき、さっそく採用させて頂きました。
イン