初見で誰もが制作者の正気を疑ったあのゲーム……
あれから半年ちょい! 奴らが帰ってきた!
頼まれてもいないのに勝手に作りました! 自作自演のリグルイファンブック! な
題して

表紙絵
リグル異本

○内容
・なんか二次創作のようなもの
・設定資料のようなもの
・当時の思い出のようなもの
等々

○頒布時期・場所
3/1 東方道出抄 D−12「妄想エリクシル」
3/8 博麗神社例大祭 つ−41a「みりんぷれいす」(委託)

○形式
B5コピー誌(表紙カラー)
76ページ
500円

○執筆陣
・主犯格
凡用人型兵器

・うっかり去年関わってしまったがゆえに、なんか今回も忙しいところを拉致られて協力させられた不運な人たち(敬称略)
小崎      
水中花火   
うがつまつき 
雪菜園樹   
炎氷刺丸   
米※

・こちらも忙しいというのに、突然の依頼を快諾してくれた、宇宙のように心が広い人たち(敬称略)
のーと     
はね〜〜   
はむすた   

○サンプル
その1 その2 その3 その4



というわけで、本自体は意外と真面目に作っているので、乞うご期待ですよ。
……え? 表紙の絵が妙に寂しい?
そこはほら、あれだ、その辺も含めて乞うご期待ってことで。